Loading...

PROFILE - Chikar Studio

アーティスト写真

●OKI  

1957年生まれ。本名は加納沖。これまでにソロ、バンド、ダブミックス版などを含む合計20 枚以上のオリジナルアルバムを発表。アルバム『トンコリ』(2005 年)では、昭和20年代から 30年代にかけて研究者などが収集した西平ウメ、白川クルパルマㇵ、藤山ハル(エ ソㇹランケマㇵ)などの演奏音源を元に、トンコリ奏者として古典に挑戦している。
ファーストアルバム『Kamuy Kor Nupurpe』(1996 年)から最新作まで、アイヌ語の歌詞や語りが入っており、現代に伝わる伝承歌のほか、葛野辰次郎エカシと一緒に作ったアイヌ語のオリジナル曲等を発表している。また『Sakhalin Rock』(2010年)収録の「Osoro Omap」と「Tawki」では、拠点としている旭川のアイヌ語教室の子供達が作ったユニークなアイヌ語歌詞が付いている。
古典や文化的アイデンティティを大切にすると同時に、『OKI DUB AINU BAND』(2006 年)や、『Sakhalin Rock』(2010 年)では、ブルース、レゲエ、ダブなどがミックスされた最先端の音楽表現が実現している。またサードアルバムの『No One’s Land』 (2002年)では、ロシアの先住民族チュクチのシンガーや、東ティモールの詩人などをゲストアーティストに迎え、1997年に自身も出席した国連先住民作業部会の音声がミックスに使用されている。
OKIが主導するプロジェクトとして結成されたOKI DUB AINU BANDは、世界最大規模のワールドミュージック・フェスとして知られる WOMAD(2004年オーストラ リア、2006 年イギリス、2007年シンガポール、2017年アデレード)や、レインフォレスト・ ワールド・ミュージックフェスティバル(マレーシア 2019年)に招聘され、日本国内でも数々の音楽フェスティバルに参加している。
音楽プロデューサーとして音楽レーベル 「チカルスタジオ(Chikar Studio)」を主宰し、アイヌの伝統歌を再現・継承するボーカルユニット「マレウレウ」をプロデュース。ムックル(口琴)とウポポの名手として知られる安東ウメ子(1932-2004)も同レーベルのアーティストとしてOKIのセカンドアルバム『HANKAPUY』(1999 年)から参加している。

LINK : FACEBOOK  / TWITTER  / INSTAGRAM

 

 

●OKI DUB AINU BAND

カラフト・アイヌの伝統弦楽器『トンコリ』を現代に復活させたOKIが率いるDub Ainu Band。電化したトンコリをベースとドラムで強靭に補強したヘヴィなライブサウンドに、アイヌに歌い継がれるウポポ(歌) やリムセ(踊り)、アフログルーヴ、レゲエ、ロック等が混在した越境DUBサウンドで人気を博す。主に海外フェスでのライブ実績を重ね、アルバム「OKI DUB AINU BAND」(06年)のリリースを機に日本上陸。これまで世界最大規模のワールドミュージック・フェスとして知られるWOMADをはじめアジア、アメリカ、ヨーロッパなど世界各地をツアー。日本国内でもFUJI ROCK を始め、数多くのフェスに出演している。
2010年7月にはアルバム「SAKHALIN ROCK」を発表し、国内でのツアーのほか台湾、ネパール、ロシアで公演。2011年春にはOKIx内田直之による同タイトルのダブミックス作「Himalayan Dub」をひっさげ全国13カ所でツアー。また、ランキン・タクシーとのコラボ曲『誰にも見えない、匂いもない 2011』をDIY HEART(東日本大震災 義援金募集プロジェクト)で限定リリース。
2016年には5年ぶりのニューアルバム「UTARHYTHM」を発表。同年11月にダブ・ミックス4曲をプラスした2枚組レコードを発売し、全国15か所を巡る「UTARHYTHM」発売記念ツアーを行い大盛況を収める。
2017年3月にオーストラリアで開催された” WOMADelaide “、”Brunswick Music Festival”に出演し大盛況を博し、オーストラリアの各メディアでも大反響を呼ぶ。5月はカザフスタンで開催のワールドミュージックフェスティバル”The Spirit Of Tengri”に出演、12月はフランスの有名な音楽フェス”Trance musicales”に出演し、フランス有力紙”Liberation”で紹介される。
2018年5~6月は南アフリカ音楽フェスサーキット、IGODAに日本代表で参加。南アフリカ、スワジランド、レユニオン島のフェスで演奏し各地で大盛況となるなど、ワールドワイドに活動を続けている。

メンバー
OKI (Vocal/Tonkori)
居壁 太 (Vocal/Tonkori)
沼澤 尚(Drums)
中條 卓 (Bass)
HAKASE-SUN (Keyboards)
内田直之 (Recording&Mixing)

LINK : FACEBOOK / INSTAGRAM / BANDCAMP 

 

 

MAREWREW

アイヌの伝統歌「ウポポ」の再生と伝承をテーマに活動する女性ヴォーカルグループ。 2010 年、初のミニアルバム「MAREWREW」を発表後、活動を本格化。2011 年に自主公演企画「マ レウレウ祭り~目指せ 100 万人のウポポ大合唱!~」をスタートさせ、これまで UA、キセ ル、オオルタイチ、細野晴臣、後藤正文(ASIAN KUNG-FU GENERATION)を迎えた公演が 話題となる。 ワールドミュージックの世界的な祭典 Womad(UK)への出演をはじめとするヨー ロッパ公演など、国内のみならず海外でもその活動が注目されている。 2016 年秋に放送の NHK (E テレ)「オトナの一休さん」の音楽を大友良英のプロデュースで担当。 2019 年にアルバム「ミケミケノチウ」を発表。 2020 年、Netflix 映画「呪怨」に楽曲を提供、話題となる。
マレウレウはアイヌ語で「蝶」のこと。

メンバー:Rekpo、Hisae、Mayunkiki、RimRim

LINK : FACEBOOK / INSTAGRAM / BANDCAMP / SPOTIFY

 

 

安東 ウメ子

フシココタン出身、幕別町在住。アイヌ語で歌を意味するウポポとムックリ(口琴)の名手。幼少時代からアイヌ語や伝統的な文化に親しみ、現在では帯広地方におけるアイヌ民族文化の代表的な継承者の一人。 帯広アイヌ語教室の講師として指導にあたり、帯広カムイトーウポポ保存会の中心メンバーとして活動。83年幕別町文化奨励賞を受賞。 95年にCD『ムックリと安東ウメ子』(幕別町教育委員会)を発表。オキのセカンドアルバム『ハンカプィ』への参加で、伝統の中にも揺るぎない個性を感じさせる独特の歌唱が注目を浴び、オキのプロデュースで2001年に発表したソロ作『イフンケ』、2003年の『ウポポサンケ』は数多くの評論家やアーティストに絶賛され、数々の媒体でその年のワールド・ミュージック部門“ベストアルバム”に選出された。「アイヌ音楽はリズムと即興性」が持論。さまざまなジャンルのアーティストとのコラボレーションにも意欲的で、現代と積極的に交わる姿勢を忘れない。2004年7月に逝去。

 

 

TONKORI

トンコリはカラフトアイヌに伝わるアイヌ民族唯一の弦楽器。胴が細長く平べったいため、内部で音が増幅されにくい。弦楽器としては、あまり効率の良い構造ではない。しかしその構造こそがトンコリの音色に不思議な倍音成分を加えている。また、きちんと音の出ないところがトンコリを神秘的で謎めいた存在にしているようだ。そのトンコリサウンドにやられたファンも多い。 5本の弦はすべて開放弦で、ギターのようにフレットを押さえて音程を変化させることができない。和音を構成するには、これまた不向きな作りである。つまり演奏者は5本の弦が発する5色の音をリズムによって刻み、奏でるほかない。弦楽器でありながら、リズムをいかにして生み出すかが演奏上の重要なポイントになってくる。 トンコリの伝統曲は、最大5つの音から構成されるきわめて単純なフレーズの繰り返しだ。オキはステージで、この単純なフレーズをひたすら繰り返す。だが、単純であっても単調ではない。たった5つの音の組み合わせの中に、明らかに西洋音楽とは異質の−−そして日本の伝統曲とも別種の−−個性が光っている。 トンコリの原材料はエゾマツやオンコ(イチイ)を使い、弦はもともとシカのアキレス腱やイラクサを細かくよって作られていたが、昭和30年代にはすでに三味線の糸に取って代わられていた。トンコリは女体を模している。てっぺんが頭、糸巻きが耳、天板に空いた穴がヘソ、胴の裏側の弦を止めてある部分は尻。弦の付け根の穴を覆う逆三角形の小さな毛皮は陰毛を表している。