Schedule

2012.10.14(sun)

東京 六本木 【OKI】

「極東サウダーヂ集会」
ローカルな土地に生きる人間のパワー、そこから見る憧憬。
路上の埃(ほこり)にまみれて目指す、誇り高き景色。

曖昧であやふやで厄介で――実は、答えなどないかもしれない“サウダーヂ”とやら。
そこに宿る強烈な“何か”を、混沌の地・極東で4人が紐解く……

CAST:

LIVE:Likkle Mai & The K、OKI

TALK:相澤虎之助(映画『サウダーヂ』脚本)、工藤千枝(『サウダーヂ』堀恵子役/ポール・ダンサー)、Likkle Mai(ミュージシャン)、OKI(トンコリ奏者/プロデューサー)、岡部徳枝(音楽ライター/司会)
----------------------------------------------------------------------------------------------
”埃(ほこり)だらけの誇り高き景色。極東の混沌に見たサウダーヂ。”

アサンカラ(旭川)アイヌの血を受け継ぎ、北海道を拠点に活動するトンコリ(樺太アイヌの伝統弦楽器)奏者OKI。
故郷・岩手県宮古市への想いを胸に、現在は東京都下の三多摩地域=国立をホームタウンとするレゲエ・シンガーLIKKLE MAI。

真のルーツ・ミュージックを探求し、真にレベル・ミュージックであることを追求する2人の戦士が、遂に“新世界”で邂逅。ライブ&トークで、音と言葉をぶつけ合う。

トークには、公開から約1年が経過するにも関わらず、未だ国内外で絶賛上映中、山梨県を舞台にした超絶話題映画「サウダーヂ」より2人の勇士が参戦。

“ストリート”なんて小洒落た言葉は似合わない。“路上”から匂い立つブルースを見事に台詞に落とし込んだ脚本担当の相澤虎之助、「この役はこの女以外にあらず」と誰もが納得する、ぶっちぎりの存在感で堀恵子役を快演した女優/ポール・ダンサー、工藤千枝。

当人たちもどうなることか、まったく予想できていない異色な4人の集会。
けれど、OKI、LIKKLE MAIの2人が奏でる音楽と、映画「サウダーヂ」に映し出される景色には、共通の“何か”がきっとある。(文:岡部徳枝)

PLACE:

六本木 新世界

OPEN / START:

17:30/18:30

TICKET:

前売予約2800円/当日3300円(+1Dオーダー)

INFO:

新世界 <予約>新世界 tel. 03-5772-6767/メール info@shinsekai9.jp

▲このページの先頭へ